脂肪吸引とは

脂肪吸引手術とは

脂肪細胞は皮下や内臓などに脂肪を蓄える細胞で、この細胞によって太ったり痩せたりします。
しかし、ダイエットとリバウンドを繰り返すことで痩せにくくなってしまい、この脂肪を外科的に吸い出してしまおうというのが脂肪吸引という手術です。
その他に脂肪を部分的に取る、部分痩せの吸引もありますが、多くはダイエットとリバウンドを繰り返している人などに用いられています。
脂肪吸引の手術方法は、WET法、PAL法、レーザー照射法、水流法、ベイザー法などがあります。
「WET法」は事前に止血、鎮痛効果のあるチュメセメント麻酔液という注入し、カニューレという細い管を皮下に差し込み脂肪を吸引します。
しかし、そのままの脂肪を吸い出すために体への負担も大きく、皮膚がでこぼこになるなどのデメリットもありました。
「PAL法」はカニューレの先に1分間に4000回もの振動機器を取り付けることで脂肪を破壊して吸引するものです。
「レーザー法」は特殊なレーザを皮膚に数分間照射することで、脂肪をやわらかくして吸引しやすくするもので、吸引後の腫れや痛みも少ないといいます。
「ボディジェット法」は、カニューレ先端よりジェット水流を噴射することにより、脂肪を分解し吸引していくもので、体へのダメージが小さく回復が早く米国のFDAが認可をしています。
「ベイザー法」はカニューレ先端からベイザー波という特殊な振動により脂肪を乳化させて吸引するというもので、止血効果や体の負担も少なく、日常生活やデスクワークなら翌日から行えるほどであるといいます。
しかしながら、脂肪吸引には様々なリスクも報告されています。
チュメセメント法以前には、出血多量と麻酔などが原因による死亡事故、その後も脂肪による血栓症や呼吸不全、内臓を傷つけるなどによる死亡事故などがありました。
又、最近になってもときおり、脂肪吸引による死亡事例が報道されてもいます。
その他のリスクとして感染症や組織損傷、脂肪塞栓やショックなどが言われていますし、脂肪を吸引してもメタボリック症状の改善はみられないともいいます。脂肪吸引に関しては、脂肪吸引の比較サイトも確認して自分の目で確かめてみてください。

脂肪吸引の紹介

脂肪吸引手術の方法

脂肪吸引手術の方法

顔の脂肪吸引

脂肪吸引の体験談1

脂肪吸引で憧れの小顔女子に!

脂肪吸引の体験談2

考えた末の決断

脂肪吸引手術の体験談

脂肪吸引手術にかjかる費用と心構え

脂肪吸引手術の金額感

脂肪吸引手術の内容と後遺症の可能性

脂肪吸引手術の後遺症